タグ: Rainbow Seeker

ドラゴンクラスの古セイルを使って

こんにちは、久しぶりに書いてみようと思います。

●JIB創立当初に始めた古セイルのバッグ

古セイルを使ったバッグを、最近また作ってみました。

というのも、僕が乗っているヨット、「ドラゴンクラス」のセイルを使って
セイリングクラブのディンギーの練習用にセイルをリメイクしたり、
同じドラゴン仲間の古いセイルを使って、特別なギフトにしたりと、
特にセイリングによって使い込まれたセイルクロスの味わいを生かすことが改めて楽しく、
魅力的だと感じているからです。

さて、「最近また」と書いた通り、古セイルを使ってバッグを作るというのは、
JIBが創立当初に既に始めていたことなのです。
でも、僕が古セイルをJIBバッグのメインの資材として採用し続けなかったのには、
理由があるのです。
まずは、その当時の話しです。

それは、僕がヨットに興味を抱いた10代の頃のこと。
僕は「ドラゴン」というヨットと出逢いました。
マリーナに上架されたドラゴンを見て、その船型の美しさに一目惚れでした。
1929年に設計されたこのヨットが、僕は今でも世界で一番エレガントなヨットだと思っています。

1978年、JIBを設立した当時は、
ディンギーやクルーザーの古セイルを使ってバッグを作っていました。
しかし、当時は今の時代と違い、ヨット人口もさらに少なく、
また、簡単に情報を共有するインターネットのような便利なツールもありませんでした。
故に、古セール自体がなかなか手に入るものではなかったように思います。
一番肝心な材料が満足な量を満たせない状況では、商品の供給にも支障が出ますし、
お客様にもご迷惑がかかると考えました。

そこで僕は、販売する為の商品は新品のセイルクロスで作り、
カバンとして使って頂いている内にお客様の手によって古セイルにしてもらおうと考えたのでした。

そうです!
まさしく今のJIBの原型であり、コンセプトの一つです。

そして、古セイルを使ったシリーズは、
ヨット部の学生達のメモリアルバッグの材料として持ち込んでもらったものを、
丁寧にバッグとしてリメイクする、といった方向に変えたのです。
見た目にも「世界に一つ」のオーラをたたえ、なんとも言えないクタクタ感、
ちょっとした汚れやシワも、魅力的に生まれ変わった古セイルのシリーズは、
「自分たちが乗ったヨットのセイル」であるからこそ、また愛着もひとしおと、
大変喜んで頂いたのを覚えています。

●Dragon Class Series

そして時が過ぎJIBは11月に33歳を迎え、来年は34歳になります。
数年前に手に入れた僕のドラゴンのセイルナンバーは「JPN-34」
(以前このブログにもRainbow Seekerとしてご紹介致しました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、来年2012年の干支は「辰」ということで、ドラゴン・イヤーと言えます。
ということで、「ドラゴン」「辰年」「34」などの符号が揃う2012年、
ドラゴンクラスの古セイルにこだわり、
様々なバッグを作ってみようと考えました。

このバッグは、何もかも徹底的に僕のこだわりを詰め込んで作ります。
また、製作に当たるスタッフは、もちろん僕と僕の艇のクルーだけで作ります。
これもこだわりです。我々のヨットに対する想いを、いっぱいに感じて頂けるように。

古セイルは材料もたくさんありませんし、
セイルをじっくり見て、どこを何に使うと一番良いものが出来るのかなど、
一つずつ細かく裁断していきますので、効率もとても悪いのです。
なので、少ししか作れませんが、楽しい物をたくさん作るつもりです。

どうか楽しみにしていて下さい!

※写真は参考商品で今現在は販売しておりません。年始より発売予定です。

※過去の関連記事はこちら↓

Rainbow Seeker JPN-34 NEWS #1

Rainbow Seeker JPN-34 NEWS #2

タグ :

International Dragon The Royal Class

●Dragonとの出逢いと再会

60歳という年齢を機に、赤いちゃんちゃんこの替わりに気に入った赤いバイクを買い、
そしてもうひとつ、僕にとってはこの上なく意味のある、とても大事なものを手に入れる事が出来ました。
それが、『ドラゴン』というヨットです。

出逢いは僕がまだ10代の、ヨット経験が始まって間もなくの頃。
それはとんでもなく格好良く美しく優雅なオーラを放ち、
それまで私が知っていたヨットとはまるで違ったものでした。
余分なものは一切まとわず、トレーニングされた肉体のようにシャープでエレガントな美しい曲線美は、
速く走る為だけに生まれた機能美であり、説得力を持たせ、だからこそそのオーラは格別なものでした。
僕は運良く乗せてもらい、そのキレのある走りや、デッキと水面がギリギリに触れあう感じにシビれ、
乗ってみて一層さらに深く感動したのです。

●『Dragon』というヨットは

正式には『INTERNATIONAL DRAGON THE ROYAL CLASS』のヨットで、
今から約80年も前に誕生したヨットなのです。
『ロイヤル』と付くくらいですから、デンマーク王室の王子様などはじめ、
諸国の王室の方々がよく乗らているヨットであり、まさに由緒正しいヨットなんです。

僕は今まで色んなヨットに乗ってきましたが、ドラゴンは単に憧れだけのヨットでした。
何故ならこの種の艇は、帆走(セイルだけで走ること)することの機能以外なにもありません。
クルーザーにしてもいいくらい意外にも大きなサイズなのに、もちろんキャビンやゆったりしたコクピットも、楽しげな装備も一切何もありません。車で例えれば、クラシックのF1カーみたいなものです。
だからこそこの船に乗るなんて言うメンバーは、元オリンピック選手など、
一様にヨットの強者ぞろいなのです。

去年の11月JIBの30周年のパーティには、
ドラゴン級のレース活動をずっとされているヨットの諸先輩方が、たくさん出席してくださったのですが、
『君もドラゴンに参加しろ。船はみんなで捜すから』
と、僕に薦めてくれたのです!
この種の船は国内にはほとんどなく、乗る船を探すだけでも大変な事なんです。
JIB30周年という大きなイベントを機に、僕はヨットの先輩方に
ドラゴン界へウエルカムされたということです。
これは僕にとって、とても意味深く嬉しい事でした。

そして今年の春、ドラゴンを手に入れたのです!
それは偶然ではあるのですが、私の60歳の誕生日に合わせた、胸躍る出来事でした。

●命名『Rainbow Seeker』

さて、船名は『Rainbow Seeker』です。
直訳すれば「虹をどこまでも探しにいく探求者」といったところでしょうか。
このままの意味だけでも充分ですが、名前の由来は実は私の音楽活動にあります。
私のバンド(『Cat Rig』というバンドです)で演奏する曲の中で、
最も好きで最も演奏回数が多い曲の名前なんです。
ジョー・サンプルという大好きなピアニストの非常にお洒落な曲で、これは、ぴったりと思い命名したのです。

Rainbow Seeker
Rainbow Seeker

ドラゴンの事はこちらで詳しくご覧になれます
●International Dragon Association
http://www.intdragon.org

 

タグ :