タグ: レスキュー

レスキューバッグ(後編)

■日常の中に取り入れたいロープ

僕は遊びの種類が多い分、たくさんのロープにも触れる機会が多いわけです。
ヨットや、ロッククライミングでは、ロープがずいぶん進化しました。
ウォタースポーツで使うロープや、ジープ遊びで使う金属製のワイヤー、
果ては最先端のダイニーマまで、様々なロープをそのシーンに合わせて正しく選び、使ってきました。素材なり太さなり、特性なり、それらの一つ一つが実に理にかなっていて、面白いのです。

そのような経験から、せっかく得た知識と体験を元に、僕は、いつもの遊びや日常生活の中で役に立つものはないかな、と考えていました。自然の中で遊ぶのは、常に死や危険と隣り合わせの事が多いのです。それどころか、ごく身近な日常にさえそれらは転がっているということは、阪神大震災の体験をする数年前のこの当時から、僕はよくよく危機感を持って遊びの中で考えてきたのです。

さておき。
そこで僕はまず「降りる」をテーマに、アレンジを考えました。

身近にパラグライダーをする仲間が居た事もあって、彼らの話題に上がる不時着時の対応を想像してみました。
題して『パラグライダーが木の上に不時着した時』。

そんなイメージで、使えるロープの最善の選択肢は?
空を飛ぶ遊びなのだから、出来る限り小型で軽量、そして20mから30mの高さから降りる事を安全にまっとうすることが出来るロープとは?
太いものは安心感もあるし重量にたえるが、それ自体が重いしかさばるな・・・

というわけで、細さへの挑戦が始まりました。

実験は、武庫川(JIBの近くにある大きな川)の河川敷にある、松の木を使って。
僕は、スタッフの若い連中と一緒に、試したい登山用ロープを直径10mmから4mmまで幾つか用意しました。細いロープは携帯には理想的なのですが、細さに比例して扱いが困難になってくるのです。自分でロープを調節しながら降下する※懸垂下降は、ロープが細ければ細いほどブレーキがかけずらくなります。これは、かなり怖い事です。
(※懸垂下降 ロッククライミングでの基本的な下降技術)

また、ロープの強度は太さと伸び率で決まります。ということで、ナイロンのスタティクロープ(伸びにくいロープの種類)で9mm径以上が望ましいと考えたのですが、ロープの体積とその総重量がどうしても気になりました。

そして、様々なシュミレーションをし、6mmのロープを採用する事になりました。それは何とか人間が自分の体重と負荷がかかってもコントロール出来るギリギリの細さのでした。6mmのロープは普段はほとんど使われる事はありませんが、いざという時には新価を発揮する事もあるのです。素材は、サイバー繊維のダイニーマです。
比重は0.97、強度はアラミドの1.4倍、なんと鉄の8~10倍です。

■レスキューバッグ完成!

さて、選ぶべきロープが決まったところで、やはり用意したいのがそれらを収納する入れ物です。無事、降下するのに6mmのロープを二重で使用し約15m、これは、木の枝から枝へ10M単位で降りる事を想定したものです。
また、違う用途に使えるという事も考えて、30mという数字を出した僕は、ぴったりそれが入る容量のカバンを考えました。但し、ロープの収納方法は一工夫しなければいけません。それは、出したロープをそのまま逆に入れるというやり方です。こうしておくことで、ロープはもつれず最後までキレイに伸び、排出されるのです。要するに、ロープの扱いを知っている人ならば、誰もが知っている鉄則を応用するわけです。

そうしてカバンに仕込んだロープを使う時は、ロープのはしを持ってバッグを投げるです。投げたカバンからはするするとロープが流れ出し、自分とその先をつなぐ命綱が出来るのです。
カバンがロープ排出機能の役割を担うわけですね。この方法なら、投げやすくロープはもつれず最後まで伸びるのです。ロープの入ったかばん・・・これで、緊急用レスキューバッグの完成です。

また、僕のデザインするバッグには鳩目穴が付いたものが多くあります。これは、単にデザインではなく、ロープなどを通し色んな事に使えるようにしたものです。また、そのような想定ですので、鳩目の素材は実際の使用に耐えうる、本物の素材を使っています。

■ロープワーク

さて最後に、肝心な事はロープワークです。
世の中には数多ロープワークがあり、沢山知っていれば良い事はもちろんですが、興味が無ければ覚えないのが普通です。でも、僕の提案するのは3つだけ。
ボウラインノット、クラブヒッチ、エイトノット、この3つです。

◎bowline knot

bowline knot
大きな輪ができる結び方。海では「もやい結び」とも言う。

◎clovehitch

clovehitch
2重巻き。横にも縦にも使える。汎用性が高い。

◎eight knot

 

eight knot
端結び。形が数字の8の字になっている。

JIBのバッグや小物のなかには、ロープを使ったものがあります。これらは、3つのうちどれかの方法で結んであります。知らない方はこの3つを是非、覚えて下さい。必ず役に立ちます。
JIBに遊びに来て頂けたら、僕がお教えしますよ!

 

タグ :

レスキューバッグ(前編)

クライミングの道具たち
クライミングの道具たち

■かばん哲学

 

僕のかばん作りには、一つの哲学みたいなものがあります。
「自分にとってそれが必要か?」
必要だから、考えるのです。
自分が体験で得た知識の中で生まれる疑問があります。
それは何故か?と考える時、再び自分自身に問いかけられる事になるのです。

さて、ヨットやクライミングなどの遊びには、さまざまなサバイバルの要素があり、してみなければ分からないことが沢山あります。その、アウトドアな遊びのシーンに欠かせないとても重要なツール、実にさまざまな種類で興味深い「ロープ」について、先にお話しする事にしましょう。

■ロープって何?

ロープ、と一口に言っても実にさまざまな種類があります。
その昔、まだヨットなど何も知らない頃、ロープと言えば、太い紐、又は綱、と僕は思っていました。そして、ヨットに乗ることで色んなロープを扱うようになり、これらにはさまざまな種類があるという事を知りました。そうなのです、ヨットのロープや、クライミングのロープ、引っ越し屋さんが使うロープetcetc…ロープはさまざまに使われ、それらは決して同じではないという事を知ったのです。

様々なロープ
様々なロープ

■ロープの種類と名前の関係

 

ロープは見た目そっくりでも、用途によって全く違う内容である事がしばしばです。それぞれ同じようなデザイン(柄)だったり、太さだったりする製品もあるので、何も知らずに混同して使われたりすると、大変な事になったりするのです。
ヨットの場合 セイル(帆)を上げるために使うロープを「ハリヤード」といい、セイルをトリム(調節)するロープを「シート」と呼びます。この場合、どちらも調節する為のものですから、伸縮性があってはいけないものを使います。

クライミングの場合、登はんに使うロープは「ザイル」と呼びます。登はん途中で転落した場合、その落ちる高さ(距離)にもよりますが、軽く1トンの負荷(重量)がザイルにかかります。その為、ザイルは落下の衝撃負荷を軽減する為に、伸縮性を持たせてあります。(大げさに言えばゴムの様なイメージ)
この特性を考えずにお互い逆のロープを使うと、その真価が発揮されないどころか、非常に危険でさえあります。

水上スキーや、川で使うロープは「フローティングロープ」を使います。もし水中に沈むと、ボートのペラに絡む危険があるし、水に浮いていることによって、人はそれを見つけやすくつかみやすくなるのです。

そんな風に、ただの「ヒモ」にして、それぞれついた名前は、単に使われるシーンによって使い分けられた名前ではなく、基本的に違う種類のものなんですね。

ロープの使い方は適材適所がポイント!
ロープの使い方は適材適所がポイント!

さてこのように、ロープも用途によっていろいろ考えられているのですから、バッグも用途によって考えるわけです。もちろん、それに使用する材料も。そして、そのバッグは何かのとき、(バッグとしてだけでなく)使えるか出来る限りの機能を持っているかなどです。と言うわけで、JIBのデザインは機能から生まれ、経験によって裏付けされている、という事で成り立っています。

 

いろんなジャンルの遊びをすればするほど、いろんなバッグが必要となり、また、ジャンルごとにたくさん生まれるわけです!

<後編に続く・・・>

タグ :