カテゴリー: Topics

JIB31周年 & NISHINOMIYA TECH PRIZE2009授賞

●JIB 31st Anniversary 2009.11.23

11月23日、今日でJIBは31周年を迎えることが出来ました。
感動と感謝の内に終えた30周年の盛大なパーティからあっと言う間の一年。
この一年も、まずみなさんに「ありがとうございます」と、感謝の言葉を
心からお贈りしたいと思います。
本当に、今まで支えて下さってありがとうございます。

さて、この30周年を迎えてから今日まで、この一年は色々な事にチャレンジしてきました。
振り替えるに名付けて『原点へ戻る』一年でありました。

「アウトドアでの経験を製品に生かす」をポリシーとしている以上は、我らは「遊び」も仕事と同様という考えのもと、この30年の間も出来る限り多くのスタッフにアウトドアの体験の場を共有してきましたが、今年は、まずは再びヨットライフへ帰る事を一番に始めました。

春から始めたドラゴンクラスのチームには、社内スタッフをチームに加えました。
さらに、ドラゴンのチームだけでなく、もっと簡単なディンギーを使ってのヨットの基礎を、若手のスタッフから中堅どころまで、皆一斉にかたっぱしから教えたのです。初めて乗る者、久しぶりに乗る者、さまざま入り乱れチン起こしから鍛えた皆は、ズッコケながらもそれなりなヨットマンに成長してくれたように思います。

そして、さらにそのことにより、今年のJIBのニューデザインはより「マリン」を意識したものへとシフトしました。フラッグのデザインなどは創業当時にもうとっくにやった事ですし、ロープを使ったバッグなどもよく作りました。当時は他のデザイナーも皆、同じアイデアを持って実践していました。
(詳しくは「International Code Flags」の記事をお読み下さい)

それ故今年は、単に新しいものではなく、古き良き時代のものをベースとしてデザインに取り入れるという形で、デザイン・コンセプトなどをリニューアルさせ、昇華させたのです。
当時を振り返りつつ、何度も試作をしました。
それも、夜遅くまで色んなことを語り合いながら。

そんな風に試みた一年の締めくくりに、この30周年の集大成とも言える、
嬉しい出来事が起こりました。

●平成21年度西宮市優良事業所顕彰
NISHINOMIYA TECH PRIZE 2009 授賞

31周年当日の2日前の11月21日、西宮市から第3回西宮市優良事業所顕彰に於いて、
特に優れた技術力・研究開発力を有する事業所であると認められ、ジブが表彰状をいただきました。

Nishinomiya Tech Prize 表彰状
Nishinomiya Tech Prize 表彰状

●西宮市の案内ページ
平成21年度西宮市優良事業所顕彰受賞事業所決定

 

西宮市には製造関連の事業所が400社ほどあるそうです。
今年はその内の5社の中にJIBが選ばれたのです。
「優れた技術力・研究開発力」というのを言い換えれば
JIBのオリジナリティと、決してブレない軸のある企業として、公の中でも認められたという事です。
何と素晴らしい事でしょうか!

31年目に突入した今、心新たにとても充実した気持ちで居ます。
遊びにもバッグ作りにも、一層磨きをかけるつもりです。
どうぞ両方ともご期待下さい。

そして、みなさんに重ねて感謝申し上げますと共に、
今後とも、どうか応援よろしくお願いいたします!!

31周年、本当にありがとうございます。
Mr.JIB

●授賞式の模様を少しだけ

タグ :

■JIBは2008年の11月23日に30歳になりました。

みなさんこんにちは。
少しご無沙汰していましたがこれからまた少しずつ更新していこうと思っています。

さて、わたしの近況をお話しする前に、
ぜひともMr.JIBとしては触れておきたいお話しがあります。
それはさかのぼって去年の11月の事になりますが、ご容赦下さい。

JIBはみなさまのおかげさまで30周年を迎えることができました。

ヨットヨットに明け暮れた青春時代。
学生時代に就職活動もせず、己を信じ迷わず突き進み、
生涯ヨットにかかわる仕事がしたいと思い、1978年11月にJIBを開店。
あれから30年なんですね、本当に色んなことがありました。

お店の開店の前日、泥棒に入られスッカラカンになり、
やっとの思いで仕事が形になってきたと思った頃、阪神大震災がやってきました。
その後も、全く柄に似合わず癌が発覚、大きな手術も治療も克服しました。

どんな企業にとっても30年といえば壮大なドラマの宝庫であることかと思います。
JIBの30年ももちろん簡単に言い尽くせないほど、本当にいろんな出来事がありました。
しかし概して言えるのは、本当に毎日が楽しかった、という事です。

20代は、絶対やるぞと!!言うチャレンジ精神むきだし。
30代では、なんでこうなるの?!という、悩み多い時代。
40歳になった時、なにげなくその数字を倍にしてみた。
・・・80歳・・・この数字の重み大きさ、これは軽い衝撃でありました。

この年齢の時、生きてないかも?

30代の時は39歳でも、倍にして60代ならばまだ余裕!と、イメージしていました。
改めて、その年齢の重さと時間の早さにびっくりしたものです。
50歳、全てをさらにさらに、ポジティブに。

そして今までを振り返り、今の自分の周囲を見渡し、
この生き方で良いのだと再確認。

そんな風に時間を重ねてきた私の傍らで、JIBも30歳。
アウトドアの遊びや音楽やその他、色んなことにチャレンジしてきました。
そのことにより、いろんなBAGが誕生しました。
そしてたくさんの人に出会い、また、とてもお世話になりました。

Thank You!

そしてたくさんのファン、有能なスタッフにかこまれ、
去年の11月23日に、30周年のパーティを開く事ができ、
このパレ一番町ビルが揺れるのでは無いかと思うほどたくさんのお客様に囲まれ、
終始笑顔、笑顔、、、30年の集大成とさせて頂いたのです。

JIB 30th birthday cake!
JIB 30th birthday cake!

その人々の一人一人に意味があり、JIBを支えて下さった底力なのだと、
体が震える思いの一日でした。
心から『感謝』しかありません。
みなさん本当にありがとうございます。

 

※JIB30周年に際し、記念のJIB本を作りました。
JIBの歴史やJIBバッグの事など、楽しくわかるような素敵な本です。
また次回、この本については詳しくお話しします。

●JIBの本

タグ :

Mr.JIB的 年末年始

年末そして年始、もう何回過ごして来たのだろう。
子供の頃は、とにかく楽しかったと思う。
冬休み、スキー、お年玉など、どれをとっても楽しい事だらけで・・・。
それが二十歳を過ぎると、何故かお正月はごく普通のイベントになってきた。
スキーかヨットでほとんど家にはいないというのが、その頃の僕の年末年始の過ごし方だった。
仕事をするようになってからは、家にいてもそれはごくわずか。
そそくさと家を出て仕事場へ行き、静かなアトリエで一人、何かとごそごそするのが好きでした。

僕は「休日」という言葉が好きではありません。
事をいったん始めたら、それを中断するのが嫌だからです。
休日を挟むとやりかけの事がまた一からやり直しとなり、また熱も冷めるしで、僕にとってはいいことが無いのです。

それは僕が、自分で自分の行動のONとOFFを決める(選ぶ)事が出来るから、という事と、
毎日好きな事をしているから、という事で、このように考えるのかも知れません。
常に何かしていたいし、始めたら中断するのが嫌いだからかな。
寝食忘れてなんとやら、です。

そんな僕を人は『回遊魚』『バッテリー』などと言います。
止まってると死ぬとか、放電するなんてね!
しかし、全くその通りだと我ながら思います。

一年のけじめ、と思うのですが、なぜか知らないうちに過ぎる年末年始です。
しかし僕の場合は、いつもと同じように過ぎてゆく事が、一番心地良いんです。

これも、自分の好きな事を自分の仕事にした恩恵なのではと思います。

みなさんに素晴らしい新年が訪れますように。
来る新年もよろしく!

タグ :

JIB 28th Anniversary

■JIBはおかげさまで28歳になりました。

2006年11月23日、JIBはおかげさまで28周年を迎えることが出来ました。
JIBファンの皆さまや、僕の周りにいつも居て下さる方々に、
心より感謝を捧げたいと思います。
お祝いに来て下さったたくさんのみなさん、
そして、全てのJIBファンのみなさんに、この場をかりて御礼申し上げます。

さて、JIBの28年と共に僕自身の28年を振り返ると・・・
長いようにも短いようにも感じられる、よくわからない年月。
しかし、人間に例えてみるならば、生まれた赤ちゃんがもう立派な大人になってしまっています。
そう考えると、大きな大きな時間の経過を感じるわけです。

しかし、JIBは「子供」から始まって、まだ心は相変わらず「子供」のままです。
子供なんですが、目には見えない何かがいっぱい詰まってきた感じです。

ヨットに始まり、クライミング、スキー、水上スキー、バイク、音楽など、
色々なものに夢中になり、その都度その遊びに必要なバッグを考え、作る。
おかげで、沢山のアイデアと共にたくさんの商品が生まれました。
だからこそ、JIBのカバンはカバンの形をしているけれど、
一つ一つがその時その時の僕からの「遊び」のメッセージなのです。

というわけで、さまざまな遊びのエッセンスがぎゅっと詰まった商品が、
今も昔も変わらず、JIBのコアとなっているのです。

そうして日々を送っていると、時間の経過など全然感じる間もなく、
自分自身も若者の心のままの筈なんですが、
ふと自分の肉体を見ると、
「いつの間にこんなに歳をとったのか!」
と、びっくりする28年です。(笑)

JIBは、常に子供の心を持ち続ける、好奇心いっぱいのcompanyです。
“遊びのメッセンジャー・Mr.JIB”と共に、
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

※お祝いに、JIBファンの方から素晴らしいケーキを頂きました。
写真ですが、みなさんにもほんの少しお裾分けです。

JIB 28th birthday cake!
JIB 28th birthday cake!
タグ :

創作の秋、2006

暑い暑い夏が終わり、本格的に秋が深まってゆく季節がやってきました。
今は何をしても気持ちの良い季節。
特にバイクは最高やな!

さて、今年のJIBの夏も思いっきり忙しく、余りにも忙しく、
製作に追われゆっくり考えることも出来ませんでした。

しかし秋になってほんの少し新しいものを考えるための時間が出来てきました。

今まで経験してきたさまざまな遊びの中で、
本当に必要なモノや改良すべき事などに対して工夫を重ね、
何度も何度も試作をし、新しいJIBが生まれる、実りの季節なのです。

そんな季節、
JIB本店・甲子園のアトリエでは、夜な夜なスタッフが集まり、
ああだこうだと夜な夜な創作活動。
僕の机やミシンの周りは生地や糸くずや試作でぐちゃぐちゃになり、
もう大変な散らかりよう。

しかし、そうしてやっと出来上がったものを、
今まではすぐにお見せすることが出来ませんでした。

しかし、今年は芦屋に直営店、
また、JIBのすぐそばにMOTOJIBショップが出来ましたので、
出来たてホヤホヤの新商品やリニューアル商品を出来たての内に、
このお店で見て頂くことが出来るようになりました。

何故、そんなに早く店頭に並べること出来るでしょうか。
それは、芦屋のスタッフやMOTOJIBのスタッフも、
あーだこーだの製作現場に参加するからです。

またそのことによって、身近でお客様の意見なども直接聞くことが出来るのです。
また色んな意見を聞かせてもらえると嬉しいです。

さあ、今日は何作ろうか?
もっといっぱい楽しむぞ!

JIB Nuts
JIB Nuts

 

p.s.
今年の秋の一番目の作品は、スピンナッツです。
収穫の秋・・・JIBの木にもいっぱい実が成った!
というイメージの、
夢と遊び心がたっぷり詰まったジブの実です。

タグ :

Mr.JIBlog Debut!

全てのJIBファンのみなさんと、若者たちへ、
わたし、Mr.JIBからメッセージです。