カテゴリー: Music

僕の音ルーツ~高校時代、大学時代から現在まで

ちょっと久々に音楽の話題を。

■リアルタイム

僕が高校生の頃は、レジェンドとなったビートルズやグループサウンズが大流行していた時代であり、
それらがリアルタイムのサウンドでした。

また言わずと知れた、加山雄三の『若大将シリーズ』は、
スキーやヨットや音楽という「武器」を自在にこなし常に女の子にモテモテ主人公。
そんな彼がその頃の僕にとっての理想のライフスタイルで、
おかげでこの後、海や山の遊びに加え、音楽の世界への導入のきっかけともなったのです。

■アメリカン・フォークとの出逢い

まだ大学生になる前、ヨットでクルージング中にしけに遭い神戸港に避難した時、
先輩が『ロストシティ(カントリーのライブハウス)』へ連れて行ってくれたのです。
そこで僕は、大変なショックを受けました。

「この楽しさは、一体なに!?!?!」

ギターやバンジョーを弾きながら歌う。
それも、コーラスで!!
みんな生き生きと楽しそうに演奏し歌ってる。
お客さんと演奏者の得も言われぬ一体感。

・・・もうとてもじっとしていられない状態でした。

とにかくそのライブハウスの体験はこの上なく刺激的で、
すぐさま僕はアメリカンフォークミュージックの虜になってしまいました。

そして、聴いてるよりも、どうしても自分でやってみたくてたまらなくなったのです。
行動の早い僕は、その日帰ってすぐ、父親に買ってもらったカメラを売り払い、
そのお金を握りしめギターを買いに行きました。
なんとも親には申し訳ないと判ってはいましたが、もう誰も僕を止められませんでした。

さてアメリカンフォークミュージックと言えば、代表的なアーチストは
P.P.M(ピーター・ポール&マリー)や、キングストントリオ、ブラザース・フォアなどで、
どのバンドもアコースティックギターと爽やかな曲にコーラス、というスタイルでした。
力強く響くハーモニーや、ノリのいいサウンドは底抜けに楽しく明るく、
また、とてもお洒落なサウンドに感じられました。

それ以降、僕は独学でギターを夢中で覚え、曲を覚え、
大学生時代はキングストントリオのスタイルで、僕はバンジョーとギターとボーカルを担当していました。
その内にさまざまなイベントに出演して演奏したりと、
ヨットと平行して、アマチュアミュージシャンとして活動していました。

人がひたむきに夢中になる、とは、いかなる状態のことを指すのか?
言葉に挙げて説明するのは難しいけれど、
もしこの時の僕の様子をお見せ出来たならばすぐにわかってもらえる事でしょう。
演奏がそれなりに上手くなったりするのは当たり前の事だと思います。
ヨットに乗らない丘での時間は、寝ても覚めても楽器にさわり、
その事しか頭になかったのですから。
おかげで今もこの時代に覚えた事は、何一つ体が忘れる事はありません。

■JIBのプライベート・カフェ(バー)

JIBを始めてから『Marina del Rey(マリナ・デルレイ)』というライブカフェを作り、
主にそのお店で音楽を演奏するようになりました。
バンドを作り、僕はいつもギターとボーカル。
オリジナル曲なんかも作って、ポプコンにも出場して上位に入ったりもしました。

Marina Del Rey 時代の Dog House
Marina Del Rey 時代の Dog House
音楽仲間たちと
音楽仲間たちと

メインの仕事としてJIBが軌道に乗り始めた頃でしたから、
もちろん、音楽はこの頃も今も、あくまでも趣味の世界の事ですが、
やるからには趣味といえどもプロをも脅かすようなアマチュアを目指したい、
・・・そんな野望が常に頭の中にあるものですから、
この当時もとてもよく練習をしていたように思います。
でも、好きで好きでたまらないわけですから、練習だって楽しいわけです。

 

こんな風に、ずっとJIBの仕事やヨットの傍らで、音楽は僕の大切な一部となっていったわけです。

震災直前には、当時ヨットを係留していたマリーナのクラブハウスに週末だけオープンするバーを作り、
新たな音楽を楽しむ場所としてその拠点としたわけです。

ところがあの阪神大震災によってその建物(その地域全体)に大きくダメージを受けた為、
震災後は、一旦休業していた本社内のバーを作り直し
『Marina del Rey』から『Bar Dog House』と名を改め再開したのです。
Dog Houseとは、ヨットのキャビンの事。
大きなヨットの心地よい我がキャビンへようこそと、まるで友達を招待するように、というコンセプトで作りました。

自分自身も年齢を重ねたように、少し大人の雰囲気でスタートした手作りの店では、
もちろん目指す音楽も大人の雰囲気のものでした。
集まってくる人々も、主にジャズメンたち。
それまで自分が聴いた事はあるけれど、演奏した事がないジャンルの音楽に多く触れる事となったのです。

■Joe SampleとCat Rig

話しは少し戻りますが、僕がJIBを立ち上げた頃、
ちょうど『クロスオーバー』というジャンルの音楽が新しく出てきた頃でした。
ジャズとロックの融合、と言われ解釈されていますが、その内容は実際にはもっと広義です。
代表的なミュージシャンではグローバー・ワシントン・ジュニアやジョージ・ベンソンなどが挙げられますが、
その中でもひときわお洒落で、尚かつ新しい感覚に満ちていて、僕が夢中になったミュージシャンが
「ジョー・サンプル」というピアニストなんです。
30年近く聴き続けている今でも彼の織りなす音楽の輝きに、飽きる事なく魅了され続けています。
本当に僕にぴったりな、刺激的で明るく心浮き立つサウンドなんです。
(お薦めです!)

この音楽と出逢った頃から、僕はドラムを覚えるようになりました。
何に対しても好奇心旺盛な事が幸いして、興味のベクトルが向くや即、実行と、まっすぐの直線で繋がり、
いつも最短距離でそれなりに覚えてしまうのです。

芦屋 Left Alone にて
芦屋 Left Alone にて
西宮バートンホールにて
西宮バートンホールにて

1990年代になって、僕はジョー・サンプルの音楽をメインに演奏するようなバンドを結成しました。
僕はそのバンドでドラムを担当し、理想のビート、理想のサウンドを追い求めるように、
有名な曲を順番にコピーをして、イベントがあると出かけていき演奏をしたりしていました。

Dog Houseというバーを作って以降は、ジャズをメインにさまざまなバンドを結成しましたが、
今現在、僕がリーダーを務めるバンドが「Cat Rig(キャットリグ)」というカルテットです。
ピアノ、ベース、ドラムス、ギターの4人編成で、僕は当然ドラムを担当しています。
皆もちろんアマチュアですが、僕を頭に3~40代のメンバーで、毎週日曜に楽しく演奏しています。

セッションとは「会話」だと思っています。

言葉の替わりに楽器というツールを使って音楽という言語で行う、
とても楽しくエキサイティングな会話です。
会話のないセッションは、誰かが話しかけても聞かず答えず返さず、と同じ意味です。
ただ干渉しあわず誰もが勝手に喋っているだけ。
そんなのは会話とは言えませんし、それならば複数人でやっている意味がありません。

Cat Rig
Cat Rig

Cat Rigというバンドは特に、その会話という部分を大切にしているバンドです。
それぞれの楽器で語り合えたら、どれだけ楽しいでしょう。
ひとりひとりがそれぞれの感性でぶつけあう。
それをぴったり感じられる瞬間が、最高にゾクゾクと楽しいのです。

 

ちなみに『Cat Rig』というのは一枚帆のヨットの事です。
Dog HouseもCat Rigも、ヨットの中の言葉です。

ヨットも音楽も、アウトドアもインドアも、仕事も遊びも、
僕の中ではあまり違いはなく、夢中になる事という意味に於いては、限りなく同義なのです。
そんな思いをこめて、いつも音楽とも向き合っています。

■やっぱり、ピアニスト!

還暦を迎えるにあたって、一度トライしかけたピアノを再開しようと決意。
ピアノを弾いてみたらこれがまた楽しくて仕方ない。
1曲をひたすら練習し、去年の30周年のパーティでは、弾き語りデビューを果たしました。
もちろん、決して上手くはありませんよ!
でも、つたなくても僕の好きな響きを丁寧に演奏する事を大切にしています。
今も続けて、少しずつ練習しているのです。

音楽は、私のライフスタイルには絶対欠かせないもの。
生涯、続けていくものと思っているのです。

Dog House にて
Dog House にて
タグ :

僕の音ルーツ~中学時代

■レコードプレーヤー

さて、みなさんは「蓄音機」という名前はご存知ですよね。
いわゆる、レコードプレーヤーです。
今日はまずそのお話から。

僕のレコードプレーヤーの歴史は、何と言っても78回転のレコードプレーヤーに始まります。
プレーヤー台とモノラルスピーカーが一体になったコンポです。今在るレコードプレーヤーは33回転、それに比べると倍以上のスピード、今見たとしたら目が回るような、ちょっと滑稽な速さです。レコードはずっしりと重く、またレコード針は鉄製で、すぐに劣化してしまうのが特徴でした。僕は家の中ではそのレコード針を交換する係になっており、頻繁に交換していた思い出があります。当時はどの家庭にもこのようなレコードプレーヤーが在ったのかどうかは判りませんが、音楽好きな両親の家です、きっと何より優先してその器械を購入したのだと思います。

それから、45回転のプレーヤーが登場します。
『音質重視、ハイファイ・プレーヤー』なんて呼ばれていました。合わせて、以前からあったレコードよりもやや軽量になったドーナツ盤レコードが生まれ、レコード針も鉄の針からサファイヤ針、ダイヤモンド針へと進化していき、交換頻度もぐっと減ったのです。音楽媒体も、今に比べればゆっくり進化していったように思います。

まあ、そういったレコードプレーヤーから流れてくる音楽を、大事に大事に聴いていた頃の話しです。溝をスキップするブツッ、ブツッ・・・というあの独特な音とともに、何ともワクワクするような、楽しいような、そんな音が聞こえてきた時代です。

■Nat King Cole

中学2年のとき、ナットキングコールに出会います。それは・・・また僕の衝撃の出会いの一つでした。同じ中学の友人から薦められた、N.K.コールの「ランブリン・ローズ」がきっかけでした。
うわ~!
何やこれは!

Nat King Cole
Nat King Cole

やわらかな声や歌い方も素敵だったけれど、当時の僕にはそんな細かい事はわからない。メロディーやアレンジも全てが新鮮、僕は夢中になって、毎日のようにランブリン・ローズを聴いていました。

 

それから後も、海外の流行歌(ポップス)にどんどん夢中になっていきました。日本全体、誰もが口ずさむような流行だったと思います。いわゆる『60’オールデイズ』と言えば、お判りでしょうか。「Vacation」 「One Boy」 etcetc…、改めて解説するのは専門家の方々に任せるとして、未だにその栄華(?)は、伝説のようですよね。僕たちは、少年から青春期のまっただなかに、リアルタイムでそういった、明るく楽しい音楽と共に過ごしました。今思えば、洋楽が今よりももっと身近だった、幸せな時代だったのかもしれませんね。

■トランジスタ・ラジオ

そんな時代、トランジスタ・ラジオもまた、流行ものの一つでした。僕は両親にねだって、すぐにラジオを買ってもらいました。両手に収まるくらいのサイズで、首からぶら下げるようなストラップが付いていました。真ん中に楕円形のスピーカーが、何とも印象的なデザインだったと覚えています。

クリフ・リチャードの「サマー・ホリデー」、ジョニー・ソマーズの「ワン・ボーイ」など、いい感じで流れてくる曲を首にぶらさげて、山歩きをするのが気に入っていました。

ある雨の日、ポンチョを着て甲山周辺を歩いていると、カスケーズの「悲しき雨音」が流れてくるではありませんか。ポンチョ姿の僕+いい感じのBGM=それはまるで映画のワンシーンのようにぴったりとはまり、僕はとても良い気分になって、雨の中をニコニコと歩いたのを覚えています。

タグ :

僕の音ルーツ~小学校時代

■家庭にジャズ

子供の頃から、家庭は音楽(ジャズ)に溢れていました。
何せ両親、特に母親が音楽好きだったので。

そもそも母親というのが、宝塚歌劇のかなりの信者(?)でした。
というのも、元々本人が歌劇団に入りたかったのを、母の両親たちに止められた事がよほど悔しかったのでしょう。その反動でしょうか、宝塚への憧れの熱い想いのホコサキは、自分の家庭や生活へ向かったのですね。おかげで、まだ小さかった僕は、宝塚歌劇やその他の舞台などにさんざん連れ回されることになりました。

母はよく父と踊っていました。
レコードをかけ、タタミの上でジルバなどの社交ダンスらしきものを練習していました。それはとても楽しげで、そんな二人の姿はもちろん小さな僕にとって幸せな景色の一つではあったけれど、そんな事は当時の僕には判りませんでした。ただただ、おもしろいなぁ、楽しそうだなぁ、と思って、二人が夜な夜な練習する姿を眺めていたものです。

また、母親は時には小さな僕の手をとり、無理矢理ダンスの相手をさせられたりもしました。
ネアカな性格と音楽への憧れを生活一杯に満たしていた母親と、それに影響されて一緒に楽しんでいた父親・・・今思うに、幼い頃に体験した、僕の音楽の原風景なんですね、これが。

■50年代のニッポンのジャズというと

さて、ジャズというのは、いわゆる「洋楽」のことで、当時は洋楽の事を総称してジャズと呼んでいました。
当時、海外ジャズがリアルタイムで流行歌として流れていた時代、日本では「江利チエミ」が大流行していました。

江利チエミそれからずいぶん後、僕が大人になってから、彼女の歌はダイナ・ワシントンとそっくりで、彼女の歌の中にダイナを見ることが出来てなるほどと納得した次第なんですが、彼女はいわゆる海外ジャズ(ポップス)を日本語と混ぜて、日本の歌として唄うスタイルの歌手でした。
「ビビデ・バビデ・ブー」「パパはマンボがお好き」など、思わず体が動き出しそうな楽しいリズム、メロディー、それまでの日本には無い曲調がとても新鮮でした。

日本の歌も、今と違って楽しかったな。
今のように、良くも悪くも選択肢の数も少ない分、音楽飽和していなかったせいでもあるけれど、音楽がもっと生き生きとしていた時代だったように思います。
「シャボン玉ホリデー」「紅白歌合戦」などの音楽番組はどれも華やかで楽しく、いわゆる歌謡の世界が開花した時代なのでしょう。

という事で、当然ながら僕は音楽好きな子供であり、自分なりに音楽を楽しむことをしていました。またそうして、自然と音楽の趣向の基礎が、じんわりと形成されてゆくことになるのです。

しかし、なのに!
学校の音楽の通信簿はいつも2でした。
学校で教わる音楽は、僕がもう既に知っていた音楽とはまるで違う、無味で退屈なものでした。

・・・ぜんぜん楽しない・・・。

何故なら、それは僕にとって音楽ではなく「音学」だったからです。
音楽と音学の違いについてはまた別の機会に書くことにしましょう。

タグ :