「感性」とは

wrote 20141220-#07
JIB社長メッセージ「感性」とは

こんにちは。
今日は私が一番大切にしている事のひとつ
『感性』について。

最近、世間で乱用されている言葉のひとつ
『感性』。

ひとことで感性、と言えど、
この言葉にはさまざまな解釈あります。
私の言うところの感性とは、
好奇心の種が生まれ、
そこからどのように感じその種がどのように育っていくか、
その一連の感覚、、、
これは、もの作りや、
その判断にはなくてはならない
『感覚』のことを指します。

最近の多くの人々は、
この感性の感覚を大きく誤解しているように思います。

例えば、パソコンだけでデザインする事で
”デザイナー”と言うこと。

パソコンは道具であり、
表現したいのは「感性から生まれたもの」であり、
さらにその根源は「好奇心から生まれた種」です。

マーケットでは、
マニュアル化された同じものばかりの新商品など、
数えたらキリがありません。
当たり前の事ですが、
もの作りに最も必要なものは、感性。
それは、感じる心と、
それを感じとるアンテナの感度が
いつも敏感であること。

教えて教えられたり、
教わったりすることは出来ませんが、
意識して感覚を身に着け、磨き、
また、いつも新鮮な感性をキープする事は出来ます。

ヒントが欲しい方は、
ぜひ私のところにいつでも来て、
まさに「感じて」みて下さい。

mini America's Cup_キールアップ

この一年を振り返り、
皆さんもじっくり『感性』について、
考えてみて下さい。

※この記事は2014年12月に書かれたものです