月別: 2006年11月

JIB 28th Anniversary

■JIBはおかげさまで28歳になりました。

2006年11月23日、JIBはおかげさまで28周年を迎えることが出来ました。
JIBファンの皆さまや、僕の周りにいつも居て下さる方々に、
心より感謝を捧げたいと思います。
お祝いに来て下さったたくさんのみなさん、
そして、全てのJIBファンのみなさんに、この場をかりて御礼申し上げます。

さて、JIBの28年と共に僕自身の28年を振り返ると・・・
長いようにも短いようにも感じられる、よくわからない年月。
しかし、人間に例えてみるならば、生まれた赤ちゃんがもう立派な大人になってしまっています。
そう考えると、大きな大きな時間の経過を感じるわけです。

しかし、JIBは「子供」から始まって、まだ心は相変わらず「子供」のままです。
子供なんですが、目には見えない何かがいっぱい詰まってきた感じです。

ヨットに始まり、クライミング、スキー、水上スキー、バイク、音楽など、
色々なものに夢中になり、その都度その遊びに必要なバッグを考え、作る。
おかげで、沢山のアイデアと共にたくさんの商品が生まれました。
だからこそ、JIBのカバンはカバンの形をしているけれど、
一つ一つがその時その時の僕からの「遊び」のメッセージなのです。

というわけで、さまざまな遊びのエッセンスがぎゅっと詰まった商品が、
今も昔も変わらず、JIBのコアとなっているのです。

そうして日々を送っていると、時間の経過など全然感じる間もなく、
自分自身も若者の心のままの筈なんですが、
ふと自分の肉体を見ると、
「いつの間にこんなに歳をとったのか!」
と、びっくりする28年です。(笑)

JIBは、常に子供の心を持ち続ける、好奇心いっぱいのcompanyです。
“遊びのメッセンジャー・Mr.JIB”と共に、
今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

※お祝いに、JIBファンの方から素晴らしいケーキを頂きました。
写真ですが、みなさんにもほんの少しお裾分けです。

JIB 28th birthday cake!
JIB 28th birthday cake!
タグ :

靴は好きですか?

■僕は、靴が好きです。

スーツを着るような事がほとんど無い仕事柄、運動靴や革靴など、僕の足元は毎日バリエーションに富んでいます。
バイクが移動の半分以上を占める今となっては、バイク用のシューズもたくさん買いましたし、いつもたくさんの靴の選択肢があります。
今日は、そんな僕が靴と遊びについてのお話しをしましょう。

■靴の数だけ増えたもの?

幾つくらいの年齢の時にそんな風に思い始めたかもう忘れてしまったけど、僕は自分の持つ靴の種類が増える事について、興味深く考えるようになりました。

子供の頃はどんな子も、だいたい運動靴一つで済みますよね。通学も体育の時間も遠足も親戚の家に遊びにゆくときも、何処へゆくのも運動靴だけで足りるのです。靴の違いは、せいぜいそれが新しいか古いかの違いくらいです。

ところが、小学生も高学年くらいになると、登山やスキーに連れていってもらうようになります。
そうすると、登山靴(キャラバンシューズ)と、スキー靴が僕のアイテムに増えてきます。
中学生になると、体育の授業で使う体育舘シューズが増え、テニス部に入ったので、テニスシューズが増えました。
大人になるという事は、靴の数が増えるってことなんか・・・?
僕はそんな風に思い始めるようになりました。

やがてヨットと出逢う僕は、デッキシューズ、ウェットシューズ、デッキ用の長靴などとも出逢います。
登山には、軽登山靴からヘビーなものまで、買い揃えました。
また、フリークライミングにはクライミングシューズも必要です。
美しい渓谷をどんどん登ってゆく沢歩きには、フェルト底のシューズがどうしても必要でした。
スキーは、アルペンからツアー用まで、目的によってもちろんブーツも違うものが快適です。
スポーツカーが好きな僕は、ドライビングシューズは必需品でしたし、
オートバイにもオンロード用とオフロード用で、それぞれデザインや用途が全く違います。

さらに、滅多に着ることが無いにしろ、スーツやジャケットに似合う皮靴も必要です。
タキシードにはエナメルのオペラパンプスでなければ絶対、変です。

数え挙げると、まだまだたくさんあります。

靴は、どの靴にもそれぞれの役割があって、代用が利きません。役割とは、機能であったりデザインであったり、それらの全てが、その時の僕に必要な足元なんですね。

要するに、靴の数は自分の遊びの数に比例するという事なんです。
靴の数は、人生の楽しみの数と同じなんです。
すなわち、靴の種類を多く持つ人は、楽しみの数が多い人とも言えると思うのです。
僕は、新しい遊びと出逢う度に増え続けたあらゆる種類の靴を思い、そんな風に定義するようになりました。

■靴はコレクションにあらず

靴は僕にとってコレクションではなく、全て道具です。
なので、靴箱にずらりと並んだ靴をわざわざ見るなんて事はありませんが、僕の思い出の中に並んだ全ての靴の中に、それら全てを通過してきた自分の人生の喜びを見ることが出来るのです。

ちなみに、今僕が一番気に入っているのは、アルパイン・スターのバイクシューズ。
運動靴のようなデザインで、バイクと車の両方の運転に対応出来るようになっています。
履き心地もいいし、仕事で一日の内にバイクや車を頻繁に乗り換える事もあるので、何より楽です。
今は同じデザインのもので4足目、ボロボロになってもまた履きたい気に入っている靴と出会えるのは、楽しいことです。

さてあなたは、何種類の靴をお持ちですか?
そしてこれから先、何種類の靴が増えそうですか?
よき靴との出逢いを・・・!

タグ :

お酒のことあれこれ

■お酒の味わい

僕は今までお酒を飲んで気持ち良く酔ったことが、ない。
それは、少しばかりお酒を飲めるようになった今も変わらないことです。
お酒は僕の体にあまり合っていないらしく、沢山飲むと頭がズキズキして、酔うより先に眠くなるぐらいです。気持ち良く酔い、それを楽しんでいる(ように見える)人を見ると、うらやましく思っていました。アウトドアに於いては体を温める重要なツールになりますが、それとは全く意味が違いますよね。
そんなわけで、僕はずいぶん長い間、お酒を積極的に飲むことはなかったし、またそんな機会もありませんでした。

そんな僕が30代になって、ある事でお酒に対するヨソヨソしさが一気に変わった事があったのです。
明石(兵庫県)のとある割烹で、僕は取れたてのヒラメだの鯛だののお造りを目の前に、いつもなら日本茶というところ、居合わせた連れの者に日本酒を勧められたというわけなんです。
いや、今ならさすがに僕でも刺身にお茶はあまりに無粋だと苦笑してしまいますが。ともかくそこで僕は、友人に勧められるままに、日本酒をほんの少し飲んでみたのです。

何と、あれほど何の魅力もなかった日本酒が、ものすごく美味しいものに感じられたのだ。
さらに、刺身を一口。これがまた旨かったのだ!お酒が食べ物の味わいを引き立て、口に含んだ食べ物の旨みがまたお酒を引き立て、お互い引き立て合い素晴らしい相乗効果なのです。当たり前の事なんですが、いわゆる、お酒と食べ物の飲み合わせの素晴らしさを、その時初めて体験したというわけなんです。

その体験以後、『食と酒』は絶対大事だと思うようになりました。またさらに、地方へ行った時は、必ずその地の食べ物と地酒をその地の空気と一緒に頂くようになりました。「空気」も大事なんです。

■酔っぱらうひと

僕は酔っぱらいが嫌いです。
特に女性は最悪です。どんなに魅力的であろうとも。

酔っ払って騒ぐ人、泣く人、怒る人、静かになる人、いろんなタイプがあります。
僕はいつも思います。これってその人の本音だし、性格なんやろなぁと。

酔っ払って何でもかんでも話してくる人がいます。
いいこと、悪いこと、ここぞとばかりに。
そのような場合、周囲の人間もたいがい酔っぱらった人が多いので、たいがい皆が軽く聞き流しているようにすれば良いものなんですね。
ところが僕は酔っぱらう事がないので、ああ、これが本音やなと思い、きちんとまじめに聞いてやります。彼らは一様に、酔いがさめた後で「そんな事、知らん」「覚えてない」などと言うのですが、僕はすっかり聞いています。
酔わないと本音が出せないのは、ちょっと淋しい事です。

■どちらを選びますか?

お酒の酔い方には、二つあります。
一つは、アルコールに酔う。
おおかたの人はこの酔い方だと思われる。
もう一つは、気分(雰囲気)に酔うです。
これなら、人に迷惑をかけずにすむし、いい思い出も作れます。
僕はいつも若い人に、アルコールに酔ってはいけないと言うのですが、この事を知らないのは、残念ながら若い人たちだけじゃないんですね。
Barなどの公共の場所では、お酒は飲んでも呑まれたら絶対ダメです。お酒を飲んでいい気分で過ごしきるという事は、大人がお酒を頂く時の最低限のマナーで、自分自身に置くべきルールなのです。

■お酒の飲み方 ストレートのススメ

僕がお酒を飲むときは、ロングカクテル以外ほとんどストレートです。
この方が味が分かるし、何と言ってもアルコールに酔わずにすみます。
ストレートなのに?
矛盾していると思いますか?
理由はシンプル。
水やソーダなど何かで割ると飲みやすくなってしまうでしょう。
なので、一口当たりの摂取量がぐっと増え、一気に酔いが回るんですね。
ストレートなら一気に飲む事が出来ない分、ゆっくり香りや味を楽しめます。
お気に入りの一杯を、少しずつ飲む・・・
そんな飲み方が、僕は気に入っています。

■酒とラベル

お酒とお酒のラベルを意識して見る事はありますか?
僕はラベルを含むそのボトルの正面を「酒の顔」と呼んでいて、知らないお酒を買う時のインスピレーションを、ラベルから感じ取ります。お酒のウンチクは僕にはどうでも良いのです。自分で感じることが大切なので、あまり重要ではないのです。
というわけで、ラベルから、ボトル全体から「この酒は旨そうや」というオーラのようなものを感じ、買って帰ることもしばしばです。その判断はたいていの場合当たっている事が多いんですよ。実際の中味とラベルのバランスは「コレはばっちり!」というものもあれば、「嘘つくな!」などという事もあって、とても楽しいものなんです。

そして、びんとラベルから、物語のようなものが感じられる時が、最高に気分よく酔えてるな、と思います。だから、お酒に合わせたグラスも、僕にとっては大事なことです。
・・・ということで、僕の大好きなガラスのお話しは、また次回に。

美味しいお酒は綺麗なグラスで!
美味しいお酒は綺麗なグラスで!
タグ :