「感性」は一日にして成らず

wrote 20150120-#08
JIB社長メッセージ「感性」は一日にして成らず

あけましておめでとうございます。

さて、新年最初のメッセージは、
年末に引き続き『感性』について、
また別のお話しをしたいと思います。

『感性』とは、生まれつきのものでしょうか?
生まれたての赤ん坊に感性が備わっているのでしょうか?

私は、生まれてからの活動によって
「感性の元」が創造される、と考えています。

感性の元は、さまざまな体験・経験によって、身体と心を通り、
脳に蓄積され、それがやがて個々の感性、
個性として形成されていくのです。
さらに、その、経験などによって蓄積され少しずつ育った感性の種を、
本人がどのように扱い使うか?という段階で作用する要素が、
「生まれつき」「天性」「血筋」のようなもの、だと思うのです。

故に、「あの人には感性がある」というのは、
「生まれつき」由来ではなく「経験」が大きいと思うのです。

young Mrjib cruising

だからこそ、どんな事でも、
興味を持ったことは迷わずチャレンジ、そして経験して下さい。
それが多ければ多いほど、
感性の幅も厚みも豊かになる、という事です。

 

※この内容は2015年1月に書かれたものです

「感性」とは

wrote 20141220-#07
JIB社長メッセージ「感性」とは

こんにちは。
今日は私が一番大切にしている事のひとつ
『感性』について。

最近、世間で乱用されている言葉のひとつ
『感性』。

ひとことで感性、と言えど、
この言葉にはさまざまな解釈あります。
私の言うところの感性とは、
好奇心の種が生まれ、
そこからどのように感じその種がどのように育っていくか、
その一連の感覚、、、
これは、もの作りや、
その判断にはなくてはならない
『感覚』のことを指します。

最近の多くの人々は、
この感性の感覚を大きく誤解しているように思います。

例えば、パソコンだけでデザインする事で
”デザイナー”と言うこと。

パソコンは道具であり、
表現したいのは「感性から生まれたもの」であり、
さらにその根源は「好奇心から生まれた種」です。

マーケットでは、
マニュアル化された同じものばかりの新商品など、
数えたらキリがありません。
当たり前の事ですが、
もの作りに最も必要なものは、感性。
それは、感じる心と、
それを感じとるアンテナの感度が
いつも敏感であること。

教えて教えられたり、
教わったりすることは出来ませんが、
意識して感覚を身に着け、磨き、
また、いつも新鮮な感性をキープする事は出来ます。

ヒントが欲しい方は、
ぜひ私のところにいつでも来て、
まさに「感じて」みて下さい。

mini America's Cup_キールアップ

この一年を振り返り、
皆さんもじっくり『感性』について、
考えてみて下さい。

※この記事は2014年12月に書かれたものです

「失敗と成功」とは

wrote 20141120-#06
141120_JIB社長メッセージ「失敗と成功」とは

こんにちは。

「失敗」「成功」

この事を 世間の人は
何故必要以上に気にするのでしょうか。
要は、うまいこといったのかそうでないのか、
という事は、些細なことであって、
別にたいした問題ではないと思います。

 

『失敗も成功も、経験なり』

 

これは、私がずいぶん以前に、
偶然出会ったお寺の表に掲げてあった言葉です。
本当にその通りやな、と腑に落ち、
以来、その言葉を
機会があれば皆さんに伝えています。
良い悪いなどの結果の評価ではなく、
どちらも、ひとつの経験である、
そのひとことに尽きると思います。

故に、小さい失敗や小さい成功に、
いちいちつまづいたり立ち止まったり
喜んだりしている場合ではありません。

たかがひとつの経験と受け止めることで、
どんな経験をも己の成長の糧とする、
そんな自然体の生き方を
続けていきたいものです。

失敗を恐れず、
小さな成功にあぐらをかかず、
前進あるのみです。

 

 

Mr.JIB Sawing

タグ :

男のおバカ本質と成功の関係

wrote 20141020-#05
JIB社長メッセージ「男のおバカ本質と成功の関係」

こんにちは。

突然ですが、
男は、常に体を張っています。
そういうとかっこいいようですが、
そういう意味ではありません。テレビのおバカ映像を見ても、
やっているのは男だけです。
女性がやっているのを
あまり見たことがありません。

水上スキークラッシュ

男は体で体験し、
体で覚えるのです。

これは本来、動物たちがやっている
本能由来の行為と同じかと思っています。

男は特にそういう
本能由来の行動が向いています。

小さいことにいちいちつまづいたりせず、
体験を積んでいくこと、
これが、人生において
大きな成功につながると、信じています。

成功失敗については、
来月、詳しくお話しします。
お楽しみに。

雪見温泉

「勉強」とは?

wrote 20140920-#04
JIB社長メッセージ「勉強」とはこんにちは。

子供の頃、本を読め、

と、よく言われたものだ。

しかし私の好奇心は、本ではなく、
海や山への遊びの事ばかりだった。

でもそんな遊びの中で
都度ぶち当たるさまざまな疑問。

そこで私は
大嫌いであるはず本を手にして夢中に調べ始める。
好奇心故にもう調べずにはいられない。
そして本はとても役に立った。
好奇心が赴くままに色んな専門書を読みあさった。

結果的に、
そこで得た色んな知識が、
私の頭の引き出しにいっぱいになっている。
勉強とはそういったものだ、
そういうものであるべきだ、

と、私はいつも思っている。

JIBのスタッフさんの中にも
たくさんいらっしゃる
子育てまっさかりのお母さんたち、

どう思いますか?

勉強とは?
勉強とは?

ポケットを作らない理由

wrote 20140820-#03
JIB社長メッセージ
「ポケットを作らない理由」

こんにちは。
たくさんのお客様に非常に良くリクエストされる
かばんの「ポケット」ですが、
今回は、それを敢えて作らない理由をお話しします。ポケットはだいたい
専用のサイズになっているものが多いですが、
そのサイズ自体が変わっていく場合も多いです。

用途を失ったポケットは
邪魔以外のなにものでもありません。

人はそれぞれ考えも違うし好みも違う。

ならば、
ポケットの代わりに色々な
小さなバッグを入れたらえーやんか、
となった。

また、カバンを開けたら
カラフルなJIBポーチがいっぱい入ってる
人それぞれ色んな小物が入っている
そういう景色がまた
すごく可愛いし楽しいんです。

もちろん根本的に

「せっかくの軽い素材を使っているのに
ポケットが多いと重くなりそこが生かせなくなる」

という理由が基本です。

●JIBプロダクツ  ポーチのページ

Finger Pouch
Finger Pouch

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Baritto
Baritto

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

option pouch
option pouch
タグ :

JIBバッグ誕生の理由(続き)

wrote 20140720-#02
JIB社長メッセージ「JIBバッグ誕生の理由」続き

こんにちは。

今回は「トートバッグ」の誕生を通して、
「物作りに遊びが必要なわけ」をお話ししたいと思います。

トートバッグを作ろうと思った時、
まず私は単に「便利な袋」を考えました。
その時浮かんだベストな答え(イメージ)は「デパートの紙袋」。

そして、その袋を、
より丈夫なものにすれば良いと考えました。
しかし、製作者、
つまり私の頭の引出しに遊びの経験がつまっていれば、
素材にこだわり、縫製にもこだわるでしょう。

モノを運ぶために生まれたシンプルな道具、それがJIBトートバッグの始まり。

また、ヨットの経験から、
アウトホール(ヨットの帆の端っこに付いている丸い穴)を思い出し、
鳩目による新たな機能を付け加える事を思いつきました。

結果それが、個性的なJIBトートバッグへと完成していったというわけです。

ひとつひとつに根拠(ルーツ)がある、という事なんです。

●JIB Opne Tote Bag
http://shop.jib.ne.jp/products/detail.php?product_id=52

JIBバッグ、それぞれのデザイン誕生の理由は

wrote 20140620-#01
JIB社長メッセージ「JIBバッグ誕生の理由」

こんにちは。

今月から少しずつ、皆さんへのメッセージとして、
JIBのルーツや私の想いなどを伝えていきたいと思っています。

今月のテーマは「JIBのバック誕生の理由」。

バック(かばん)は、
「遊びの道具を入れるためのパッケージ」。
私は少年時代から実にさまざまな「遊び」を経験してきました。
だから、遊びの数だけ、バックも必要になる。
そして、その遊びにぴったりな機能や
大きさのカバンが世の中に無い事が多いので、
必ずそれらを自分で自分の理想のかばんを作ってきたのが、
JIBバッグがそれぞれ誕生したルーツです。

morninに乗るMr.JIBとトートバッグ

私の言う「遊び」とは、単にだらだら過ごすことではありません。
スポーツ(特にアウトドアスポーツ)や、
「自分が持った好奇心に向かう行動」の事を指して、
私は「遊び」と言っています。

また、好奇心が具体的に育ったものが「夢」。
そして、夢を実現しようとすることが、私の考える「仕事」です。
(続く)

ドラゴンクラスの古セイルを使って

こんにちは、久しぶりに書いてみようと思います。

●JIB創立当初に始めた古セイルのバッグ

古セイルを使ったバッグを、最近また作ってみました。

というのも、僕が乗っているヨット、「ドラゴンクラス」のセイルを使って
セイリングクラブのディンギーの練習用にセイルをリメイクしたり、
同じドラゴン仲間の古いセイルを使って、特別なギフトにしたりと、
特にセイリングによって使い込まれたセイルクロスの味わいを生かすことが改めて楽しく、
魅力的だと感じているからです。

さて、「最近また」と書いた通り、古セイルを使ってバッグを作るというのは、
JIBが創立当初に既に始めていたことなのです。
でも、僕が古セイルをJIBバッグのメインの資材として採用し続けなかったのには、
理由があるのです。
まずは、その当時の話しです。

それは、僕がヨットに興味を抱いた10代の頃のこと。
僕は「ドラゴン」というヨットと出逢いました。
マリーナに上架されたドラゴンを見て、その船型の美しさに一目惚れでした。
1929年に設計されたこのヨットが、僕は今でも世界で一番エレガントなヨットだと思っています。

1978年、JIBを設立した当時は、
ディンギーやクルーザーの古セイルを使ってバッグを作っていました。
しかし、当時は今の時代と違い、ヨット人口もさらに少なく、
また、簡単に情報を共有するインターネットのような便利なツールもありませんでした。
故に、古セール自体がなかなか手に入るものではなかったように思います。
一番肝心な材料が満足な量を満たせない状況では、商品の供給にも支障が出ますし、
お客様にもご迷惑がかかると考えました。

そこで僕は、販売する為の商品は新品のセイルクロスで作り、
カバンとして使って頂いている内にお客様の手によって古セイルにしてもらおうと考えたのでした。

そうです!
まさしく今のJIBの原型であり、コンセプトの一つです。

そして、古セイルを使ったシリーズは、
ヨット部の学生達のメモリアルバッグの材料として持ち込んでもらったものを、
丁寧にバッグとしてリメイクする、といった方向に変えたのです。
見た目にも「世界に一つ」のオーラをたたえ、なんとも言えないクタクタ感、
ちょっとした汚れやシワも、魅力的に生まれ変わった古セイルのシリーズは、
「自分たちが乗ったヨットのセイル」であるからこそ、また愛着もひとしおと、
大変喜んで頂いたのを覚えています。

●Dragon Class Series

そして時が過ぎJIBは11月に33歳を迎え、来年は34歳になります。
数年前に手に入れた僕のドラゴンのセイルナンバーは「JPN-34」
(以前このブログにもRainbow Seekerとしてご紹介致しました)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、来年2012年の干支は「辰」ということで、ドラゴン・イヤーと言えます。
ということで、「ドラゴン」「辰年」「34」などの符号が揃う2012年、
ドラゴンクラスの古セイルにこだわり、
様々なバッグを作ってみようと考えました。

このバッグは、何もかも徹底的に僕のこだわりを詰め込んで作ります。
また、製作に当たるスタッフは、もちろん僕と僕の艇のクルーだけで作ります。
これもこだわりです。我々のヨットに対する想いを、いっぱいに感じて頂けるように。

古セイルは材料もたくさんありませんし、
セイルをじっくり見て、どこを何に使うと一番良いものが出来るのかなど、
一つずつ細かく裁断していきますので、効率もとても悪いのです。
なので、少ししか作れませんが、楽しい物をたくさん作るつもりです。

どうか楽しみにしていて下さい!

※写真は参考商品で今現在は販売しておりません。年始より発売予定です。

※過去の関連記事はこちら↓

Rainbow Seeker JPN-34 NEWS #1

Rainbow Seeker JPN-34 NEWS #2

タグ :

1700 Dolphins@JIB芦屋店

こんにちは。

さて、一昨年の11月、フラリと出かけた串本で出逢った1700頭のイルカたち
詳細は「つれづれ」カテゴリーの「夢と憧れを形にすること」ブログご参照下さい。

そのイルカたちを、はるばる串本からお借りして、
ただ今、JIB芦屋店の店内に展示しています。

古来、イルカは『夢を運ぶ動物』とされていたのだそうです。
こんなにたくさんのイルカを連れてきた僕は、
やはり、夢を運ぶJIBのMr.JIBらしいと言って下さった方もおられます。

圧巻の1700頭
一頭一頭、躍動感あふれるイルカたちの表情、
現実にはありえない夢の世界、
膨大な時間をかけて
人の手によって作られたのだという紛れもない事実を目の当たりにして、
おそらくどなたもが驚嘆されることと思います。

今から約1ヶ月ほどは展示している予定です。
ぜひみなさん、実物と出会い、
言葉や写真ではとても伝えられない
この作者が放つ強力なメッセージを受け取って
2011年をパワフルに乗り切る為の力として下さい!

JIB 芦屋店

阪神芦屋駅
徒歩1分0797-38-8481
火曜定休

1700匹のイルカ達!
1700匹のイルカ達!
1700匹のイルカ達!
1700匹のイルカ達!
1700匹のイルカ達!
1700匹のイルカ達!
1700匹のイルカ達!
1700匹のイルカ達!
1700匹のイルカ達!
1700匹のイルカ達!
タグ :